腹痛 細菌


腸道被細菌感染 急性發炎導致慢性腸炎?!張克帆 張心妍 20161213 part4/5 請你跟我這樣過

以下の病気などによって、腹痛が引き起こされている可能性もあります。

食中毒、食あたり 身体の中に細菌やウイルス、毒のような有害性物質などを取り入れてしまうことによって起こります。

腹痛をきたす頻度の高い消化器疾患 1.感染性腸炎 ウイルスや細菌が腸管に感染することが原因となり、腹痛とともに下痢が主症状となります。

発熱や嘔吐、さらに血便などの症状を認めることもありま す。

そこに細菌が感染して急性の炎症を起こす病気と考えられています。

急性腹症のなかで最も頻度の高い病気です。

一般に、初めはおへその周囲の急激な腹痛で始まります。

吐き気、腹痛、発熱(38度以下)などです。

メッセージの内容とほぼ合致しますので、非常にノロウイルスの可能性もあります。

ただ 、他の細菌による食中毒や食べ合わせが悪いだけかもしれません。

この項目では、細菌感染の治療としての化学療法について説明しています。

化学療法 (細菌)は、化学療法のうち、細菌に対する薬物療法、すなわち抗菌薬を使用した治療法について記述する。

潜伏期間 一般に2~5日程度 主な症状 下痢、腹痛、発熱、悪心、嘔気、嘔吐、頭痛、悪寒、倦怠感など、他の細菌性食中毒とよく似ています。

不正出血や腹痛、重い生理痛以外に、不妊の原因となる事もあります。