胆嚢 病気


胆石症とは胆石(胆嚢や胆管にできる結石)によって引き起こされる病気の総称です。

肝臓で作られた胆汁は一度胆嚢に蓄えられた後、胆管を通って十二指腸に流れます。

様々な病気、薬、または毒素により、肝臓が繰り返しまたは継続的に損傷を受けることがあります。

最終的に肝臓から出て、胆嚢(胆汁を貯蔵します)または小腸につながります。

もっとも代表的な病気は胆石症で、内科的・外科的治療が大きく進歩し、おなかを開けない治療法も選択できるようになりました。

疾患について 肝臓で分泌された胆汁を一時貯留しておく胆嚢にできるがんを胆嚢がんといいます。

年齢は60歳台が最も多く、やや女性に多いがんです。

胆嚢がんに胆石の合併する頻度は50-60%です。

病気ブログの人気ブログランキング、ブログ検索、最新記事表示が大人気のブログ総合サイト。

ランキング参加者募集中です(無料)。

肝臓・すい臓・胆のうの病気 肝臓・膵臓・胆嚢の病気一覧・初期症状 「沈黙の臓器」と言われる肝臓、脂肪の吸収を促進する胆のう、ホルモン分泌を行うすい臓。

手術は胆嚢がんのある場所、浸潤範囲、進行度によって術式が様々です。

早期胆嚢の場合には、通常の胆嚢摘出術と同様の経過です、詳細は、胆石症、胆嚢炎、胆嚢ポリープの術後経過をご覧ください。

胆嚢と胆管の病気のほとんどは、胆石に起因します。

胆石の危険因子には以下のようなものがあります。

(肝臓と胆嚢の概要および胆嚢と胆管も参照のこと。

) 胆汁うっ滞の原因として、肝臓、胆管、膵臓の病気が考えられます。

やっつけろ❗️ 母が胆嚢がんステージ4と診断されてからの、治療、生活をブログに書こうと思います。

胆道には、胆嚢と胆管があります。

さらに胆管には、膵臓からの膵管が合流します。